再起までの浪人時代 石焼イモ売り編その1



リッツを後にした私でしたが、約二ヶ月はボーとしていました。
って言うよりも何故、このような状況までなってしまったのか
という反省をしてました。

もちろん、能天気な性格ですからこんな状況(相変わらず劣悪な環境のアパートに住んでて、金銭的にも恵まれていないこと)になっても決して絶望
をしませんでしたが、焦りはないと言えば嘘になります。

私にとっての「あるべき姿」はサラリーマンではなかったのです。

再度、社長になることが生まれてきた使命のように考えていました。

これには決して妥協はできなかったです。

いつも希望を自家発電のように回していました。

起業のための情報収集は常にしていました。
って言っても当時はまだブログなどはなかったので、社長をしていた頃よりも、入ってくるネタはかなり少ないです。

そんな中、書店にはよく通っていました。
例え昼食をインスタントラーメンで済ましても、雑誌や本にはお金を使って
ました。

今、考えてみるとこの頃が一番頭が回ってました。
この時思いついたビジネスモデルは現在でも使えることが多いです。

てなことを言いましても、現実に食べていかなくてはいけませんので、
日銭を稼げる仕事で面白いかも?って見つけたのが、ナント皆様ご存知
の「石焼イモ」販売です。

そうです。
冬場になると、どこからかスピーカーで「石焼い〜も。おイモ、おイモ、美味しいおイモだよ〜」って流れてくるアレです。

アルバイト情報誌に日給3〜5万円以上ってあったので行ってみました。

まさかそんな都合の良い話があるはずがないって思われるでしょうが、
私もそのように思っていました楽しい

ところが実際にやってみるとこれが意外と儲かるのです。

リッツの後は、石焼イモ売り?

ずいぶん、格差があるではないか?って思われる読者もいるかも知れませんが、私にとっては一流ホテル勤務も石焼イモ販売も、起業家意外って意味では同じなのです。

自由な時間があるって意味では、リッツよりもマシでした。

またこれがなかなか面白い仕事でもありましたので、詳しくは次号にて・・・。



コメント
こんにちは!
おお!
石焼芋ですか。
それは初耳ですね。まさに幅広く奥深い人生を歩まれておられるのですね。
驚きました。
アルバイトで日給3〜5万円ですか。
すごいもんですねぇ〜。
次回のお話も楽しみです。
ところで私の方は、今日から職場復帰いたしました。
いつまでも寝ていられない性分なので・・・(^^;;
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
石焼芋は粗利が大きいので儲かる!!と聞いたことがあります。
個人事業主になられたわけですね。
すばらしぃ。
次回も楽しみにしてます!!
本当にすごい経験をせれています。
尊敬します。
私のブログの内容なんですが。
経験不足もありますが、
師匠に聞きます。
2名います。
ビジネスの師匠と
人生の師匠。
いらっしゃいませ!あの世から還ってきた益田さん。

職場復帰されたとか?
大丈夫ですか〜?

>まさに幅広く奥深い人生を歩まれておられるのですね。

まさか自分でも石焼芋まで売るはめになろうとは思ってませんでした。
冬場は石焼芋で夏場は同じ業者がわらび餅を扱います。
今でも「石焼い〜も〜」って聞こえると懐かしいです。
東京でもまだ売ってるのでしょうかね〜。
どちらにせよ、益田さんはこの世でまだ使命があるのですから、あまり無理しないでくださいね。
いらっしゃいませ!佐藤さん。

個人事業主っていっても、朝に業者さんに行って芋の仕入れと車をレンタルするだけです。

こんな姿をもし親が見たら、「大学まで行かせたのに|」にって泣くだろうな?って思ってました(笑)
  • 逆境から這い上がった社長の起業遍歴日記
  • 2006/01/08 1:07 PM
いらっしゃいませ!「観ずる日記」の中村社長さん。

師匠が二人もおられるとか?
素晴らしいですね。
それも中村社長の人徳です。
私もその当時、師匠がいればあんな苦労をしなくても良かったのに・・・って思います。

いろんな職歴があると以前記事に書かれてましたが

石焼き芋とは想像してませんでした!

僕は子供の頃

屋台のラーメン屋さん

に憧れてました(笑)
展開が面白すぎます\(^_^)/
次の記事が待ち通しくてたまりまへん(^。^)
どう考えても、書籍化決定!!時間の問題!!
げっ!
字間違えた(-_-;)
  • 松山英語道場
  • 2006/01/09 11:13 PM
逆境社長、こんにちは
私も若いとき屋台でトウモロコシとイカの姿焼きを売るバイトをしていました。一軒の屋台で20万円ほど売り上げたことがあります。テキヤは儲かりますね。

さて質問なんですが、社長がセールスマン時代、ゴミ御殿の住人が高額商品購入のお得意様だったと書かれていましたが、それはなぜだったのでしょうか。社長はどのように分析されますか?ご教示いただければ幸いです。
いらっしゃいませ!田舎っぺうどん店長さま

石焼いもとは意外だったでしょう!
うどん屋はさすがにしたことありませんが(笑)
今後も宜しくお願いします。
いらっしゃいませ!松山英語道場様。

書籍化とは大袈裟な(笑)
もうすぐ更新しますので、もう少しお待ちの程を・・・。
いらっしゃいませ! アノ1億円社長さん。

1億円社長さんもテキヤをされたことがあるとか・・。
さすが人生経験が豊かですね〜。

さてゴミ屋敷の住人が高額商品を何故買われるか?との分析ですが、彼らに共通するのは人との関わりよりも「モノ」に対する執着が強いです。
頭の中では、捨てなくてはって思ってるのですが、例えゴミでもなんとなく「勿体無い」と思ってるようです。
あと極度の「邪魔くさがり」ですね。
あまり外にも出たがりません。

もうひとつ共通するのは、「お人好し」が多いです。
って言うよりもちょっと気が弱い方が多いような気がします。

ってなことを分析?すると自分からは積極的に購入をするために外にはでませんが、家の中なら落ち着くみたいです。
また世間知らずと言うか、彼らは「仙人」みたいな生活をしていますので、ちょっとした機能?がついてると、とても魅力を感じるのでしょうね。
元々自分発信でモノを買おうって気はあまりありませんが、勧められると欲しくなるみたいです。

それで訪販が最適なのでしょうね。
ちなみに日頃は質素に暮らしていますので、小金はあるみたいでした。
どちらにせよ、やはり謎が多いです。



逆境社長
早速のご回答ありがとうございました。
で、続いて質問なんですが、そういった人に物を買ってもらう落としどころというか、決め言葉というか、例えば話をとことん聞いてあげるとか、その辺のところを教えていただければ幸いです。
  • アノ時給一億円社長
  • 2006/01/11 11:18 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック