カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

お気に入りブログ

二回目の起業その1

さて一回目の起業であるゴルフ会員権販売会社を閉鎖後の続きです。

残った200万円で数ヶ月間は食い繋ぎましたが、その間にいろいろ起業プランを企画。
って言うか、切羽詰った状況でしたのでいろいろな案が出てきましたが、当時まだ目新しかった「秘書代行会社」を設立。
秘書代行会社と言いましても、今みたいな高性能な機器を使用したものではなくて、マンションの一室で、NTT(当時はまだ電信電話公社?)でスタートしたばかりの「転送サービス」を使って、電話機に社名を貼っただけの超原始的なサービスを月に2万5千円(他社は3万円ぐらい)ほどで請け負うってものでした。
只、チラシを大量に撒いたのと、価格を安く抑えたのは効いて、事務所を持てない怪しい会社(笑)を中心に契約会社が急増。
マンションが電話機とアルバイトの女性で一杯になりました。

その勢いに乗って、NTTの新しいサービス「ダイヤルQ2」を使った「パーティーライン」と言うサービスを行うフランチャイズに加入。
これは簡単に言うとパソコンのチャットを電話上でするってもので、ひとつのカテゴリーで最高8人まで話せます。
機械のなかでで約10個のカテゴリーがありましたので、約80人の人が参加できる仕組みでした。

しかも高額の「ダイヤルQ2]ですので、一秒当たり約10円、1分で600円、1時間だと3、600円もかかるのに関わらず、目新しさもあり、これにハマル人が続出。
オペレーター(司会役)と言う女性を24時間入れても大したことなく、かつフランチャイズ本部に売上の40%と言う超高額のロイヤリティーを支払っても毎月小型ベンツが買えるぐらい儲かりました。
当時の私は、まだ29歳でして、自分の金運の良さと起業センスに酔ってた時でした。


続く


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック