増刊号 私の近況編


正月からなんと約100日ぶりの更新ですショック

あちらこちらから私の更新を楽しみにしてるとの催促を受けていましたが、
多忙を言い訳にして誤魔化してました。
で、やっと最近落ち着いたので久しぶりにPCに向かっています。

さてここ最近の私の近況ですが、日本経済も景気が上がってきてるのか?
当社も活況でして、やっと4期目の決算を終える5月には約1億円の営業
利益が出そうです。

数年前まで、1万円のお金もなくて、狭くて、かつ怪しいアパートの電気代さえ
払えず、真っ暗闇の中で再起を誓ったあの頃から比べると夢のようですが、未だ逆境の中
で苦悶している人々の希望の星になるためにも何とかIPOを目指したいと固く心に誓っている私です。

しかし年齢を重ねるとは、また経験を重ねるとは不思議なものでして、順境な現在の自分になっても以前の私(多額のお金を散在してた私)とは違い、有頂天になることも、傲慢になることもなく、冷静に次の一手を考えられるようになりました。
でも表面上は順境な私ですが、このブログを更新していない間もいろいろな出来事があったのです。

ひとつは親父が急に亡くなりました・・・実は今日が35回忌。

70歳の誕生日を迎えてから一週間後のことでした。家族で一緒に食事に行ったのですが、
その節の元気そうな姿を覚えてるだけに、未だに実感が沸きません。
このブログを最初からお読みの皆様はご存知だと思いますが、親父の言った何気ない一言から当社設立のきっかけになりました。

もうひとつは友人の自殺・・・急なことでした。
車内で練炭を使っての死でしたが、独りで自らの命を絶つほどに悩んでいたのを見抜けなかったのが辛いです。

その他いろいろなことがありますが、順境と逆境って表裏一体なところがあるって思います。

かつて勝 海舟も人生7年周期説ってのを唱えていました。

7年順境な時期のあとに7年苦境のときが来ると・・・。

だから順境なときには傲慢にならず自制して、
逆境のときにはその原因を反省して、耐え忍び、受け止めること。
そして次のチャンスの機会のために希望を決してすてないこと

この説は私も賛成です。
何たってそれの実践者ですから(笑)


私もいつかまた逆境に陥るときが来るかもしれませんが、すでに人生の底をしていますので、また這い上がる自信があります。

根拠は?って言われると困りますが あるからあるのです。

そして信じています。 逆境はチャンスの別名であると・・・。

次回の更新時には、最近わかってきた物事の本質について書きます。

皆様も気長にお付き合いくださいませ。

コメント
更新されてるじゃありませんか。
広島に住んでますが、市内中心部はプルプルマシーンをちょくちょく見かけるようになってきました。

社長の倒産しても倒産しても、失敗しても失敗しても
前向きに頑張る姿に、筋金入りのニートである私でさえちょっと頑張ってみようかな、と思わせてくれる
一服の清涼剤が如きブログですね。

ご自愛くださいませ。
  • スーパーニート
  • 2007/04/26 9:16 PM
ご無沙汰しております、森です。
ブルブルマシン、近くの商店街にもいくつかあります。10分/¥500から10分/¥300に値段競争も激しくなっています。

井上さん、このサイトご存知でしょうか。
<a href="http://www.seasons-net.jp/">SEASONS</a>というサイトですが、ここで是非ご自分の周期を確認してみてください。結構あたってるんじゃないかと思います。
  • 2007/04/27 6:39 PM
あら、アンカータグいらんのか。
SEASONS(http://www.seasons-net.jp/)
こちらは人生12年周期説です。
  • 2007/04/27 6:58 PM
先ずはお父様のお悔やみを申し上げます。


しかし久々の更新にはびっくらこきました。
そしてよくぞブログを再開してくれました。
待ちくたびれましたよ。もう読めないのかと思っていましたがよかったよかった。

「順境なときには傲慢にならず自制して、
逆境のときにはその原因を反省して、耐え忍び、受け止めること。
そして次のチャンスの機会のために希望を決してすてないこと」
たいへんいい言葉ですね。ありがとうございます。
  • 2007/04/28 2:27 PM
ついに上場ですか\(^_^)/
すごいなあ(^_^メ)
ワシは、ぼちぼちセミリタイアです(^_^;)
ランキングからお邪魔いたしました^-^
ただいま、宴会コスチュームの簡単アンケートを実施中でございます☆
多くの方のご意見を参考にしたいと思いますので、よろしければご協力のほどお願い申し上げます。
応援ポチ!
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック